ワーホリ準備

【渡航準備】確定申告について

こんにちは、とみーです!

以前ブログにも書きました「確定申告間に合わないかも?」問題ですが、結果納税代理人を立てることにしました!

あれ、間に合わない?渡航前の手続きについて。こんにちは、とみーです! ふとワーホリ渡航前の日本での手続きややらなければいけないことを調べていると、確定申告についてあま...

今回の件で学んだ「海外渡航の際の確定申告について」をシェアしたいと思います。

 

まず、確定申告が必要な場合は毎年2月の中旬から3月中旬までに申告が必要です。

今回の私の場合、2018年1月から12月の1年の間に所得があるので、2019年2月中旬から3月中旬に確定申告が必要です。

方法は以下の3つ。

渡航前に確定申告を済ませる(準確定申告)

源泉徴収票を早めにいただき、2月より前に確定申告を済ませる方法です。

準確定申告をすると、その年はこれ以上働けないのが条件となりますが渡航前にすっきりできるベストな方法。

本当はこの方法で確定申告済ませたかったのですが、私の場合は源泉徴収票が間に合わないのでこの方法は断念。

納税代理人を立てる

確定申告期間中に自分の代わりになる代理人を立てる方法です。

e-TAXを使う

オンラインで確定申告期間中に申請が出来ます。

ただし、これが使えるのは日本に住民票がある人のみ!

私は転出届を出していくのでこの方法はとれません。

 

ということで、私は納税代理人を立てることにしました。

ネックは私の税務署の管轄区と納税代理人の税務署の管轄区が違い、ちょっと距離もあるのでわざわざ代理人に私の管轄区まで確定申告の提出をしてもらうことでしたが、

今日税務署に電話で確認をしたところ私の税務署の管轄区に郵送での提出もOKとのことでしたのでこの方法で確定申告します。

 

やることとしては以下の通り。

  1. 納税管理人の届出書を記入・捺印する
  2. 上記書類を税務署に提出 ※ここまでは渡航までに終わらせる
  3. 源泉徴収票は納税管理人の住所に送ってもらうよう手配
  4. 確定申告期間内に源泉徴収票をもとに確定申告の書類を作成し、データを納税管理人に送付
  5. 確定申告の書類を印刷し、税務署に郵送してもらう

(納税管理人がPC使えない為、データ作りまでは私でやります。)

 

もし、何かの理由で私が来年2月から3月に日本にいるようであれば、もちろん自分で確定申告しますが、一応1年は帰ってこない予定なので上記のような手順で行こうと思います!

 

ネットでモヤモヤ心配しながら調べるよりは、電話で聞いてしまった方が早いし確実!

そのための平日フリーな時間だしね。

少しずつ準備進めています!

土日はこういう役所関係の手続きできないので、荷物の準備始めます!

↓ブログランキングに参加しています↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(ニュージーランド)へ
にほんブログ村

ABOUT ME
とみー
突然思い立って30歳8カ月の時にNZワーホリビザ取得。 それまでは、海外で3年ほど勤務経験あり。英語力アップを目指し初の英語圏での生活に心躍らせる日々です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です