ニュージーランドワーホリ

バックパッカー、海外就職、ワーホリを経験した私が語るワーホリの大変さ

こんにちは、とみーです!

ニュージーランドで働き始めてもうすぐ1か月が経とうとしています。

やっと生活も落ち着いた私ですが(もう一か所の仕事は継続して探していますが。)、最近つくづく「ワーホリをしてきた人ってすごいなぁ」と思うんです。

バックパッカー(7ヵ月・世界半周)、海外就職、ワーホリとすべてを経験した私ですが、ワーホリが一番大変だと実感しています。

その一番の理由は「自分でどうにかしなければいけない」

もちろんビザの取得などは代行業者さんに頼む方法もありますが、ご自分でビザの取得をされた方も多いと思います。

ビザの取得、銀行口座の開設、住む場所と仕事探し、ワーホリはこれを自分の力でやらなければいけないのです。

バックパッカーはビザの取得は国によるとしても日本人はビザもいらない国が多いですし、現地の口座開設は必要ないですし、住む場所はゲストハウスを予約すればOK。

海外就職した際にビザの取得は自分で動いた部分もありましたが、会社側から具体的な指示があり書類も現地から送ってくださいました。

住む場所は自分で探しましたが、お勧めの場所や物件など教えてくださったのでとりあえず最初の1ヵ月だけお勧めいただいた物件に入居しました。

また、会社によっては住居提供していただけたりもします。

銀行口座開設は会社の人事の方が同行で開設にいきましたのでもちろんスムーズ。私は言われた場所にサインや個人情報を記入するだけでした。

それに比べるとワーホリはここまでを基本的には自分の力でやらなければいけないんですよね。

ワーホリ仲間や情報をみつければスムーズに行くと思いますが、ワーホリ仲間や情報を見つけるのも自分の力で見つけなければいけません。

もちろんバックパッカーや海外就職が簡単だ、ラクだ、と言っているわけではありません。

個人的な感情として、ワーホリ結構大変だなと思っています。

だからと言ってワーホリお勧めしていないわけではないですよ!

好きな国に1年も働けるビザが発行されるなんてなかなかない機会ですし、こればっかりは日本国籍に感謝です。

海外就職よりも敷居は低く、海外で暮らす・働けるという機会が作れる素晴らしい制度です。

 

最近の私は、仕事も住む場所も見つけひと段落していますが、テカポにないCityさもちょっぴり恋しくなったり今後のプランを考え始めました。

1年間という制限以外何もないので自由に計画が立てられるのが魅力な反面、自由だからこそ選択肢が多く悩むものですよね。

日本に帰りたいとは全く思わないのですが、テカポ飽きてきた感は正直あります。笑

ここで友達でもできれば違うのでしょうが・・・。

最低でも2月中旬まではテカポにいる予定ですので、テカポに起こし予定の方はお気軽にご連絡ください★

↓ブログランキングに参加しています!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(ニュージーランド)へ
にほんブログ村

ABOUT ME
とみー
突然思い立って30歳8カ月の時にNZワーホリビザ取得。 それまでは、海外で3年ほど勤務経験あり。英語力アップを目指し初の英語圏での生活に心躍らせる日々です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です