ワーホリ準備

バックパックかスーツケース、どちらで行く?

こんにちは、とみーです!

旅行の際にはバックパックとスーツケースどちらで渡航すべきか、悩むところですよね。



私はバックパッカーをしていた時は55リットルのバックパック海外就職の時は大きめのスーツケースと中くらいのスーツケースの計2つで渡航しました。

短期旅行でもバックパックかスーツケースか迷う方もいるかと思いますので、それぞれのメリットとデメリットについてお伝えします。

バックパック

メリット

  • 階段やデコボコ道も関係ない
  • 両手が空く

デメリット

  • 重いものを背負うことになる(私は55リットルのバックパックが大体20キロくらいありました。)
  • スーツケースと比べるとセキュリティ面に劣る

 

重さに慣れるまでは結構大変だと思いますが、移動のしやすさはスーツケースより断然バックパックです。

なので、バックパッカーのようにいろんな所に移動する予定の方はバックパックがおすすめです

ただ、スーツケースのように鍵がついていないので、自分で工夫して南京錠をつけたりパックセーフ(バックパックを覆う金網のようなもの)があったほうが安心ですね。

私は旅中の外出時、アフリカではパックセーフを使っていましたが、それ以外は貴重品は貴重品ロッカーに入れ、バックパックには衣類などを入れていました。

個室であれば、貴重品はバックパックにいれたまま出掛けていましたが、バックパックに南京錠を工夫してつけていました。

(布破られちゃえば鍵もあまり意味ないんですが、盗もうとする人は盗むのに面倒そうな荷物よりは、盗むのが簡単そうなものを標的にするはずです。)

 

スーツケース

メリット

  • コロコロ転がせられるので平坦な道の移動は楽
  • 鍵がかかるのでバックパックよりはセキュリティ面で安心
  • ハードケースなので荷物がつぶれない

デメリット

  • 階段、デコボコ道は移動しずらい
  • 常に片手が塞がるため、移動に不便

 

鍵がかけられるのでセキュリティ面ではバックパックよりは安心ですが、移動時は常に片手が塞がり、階段などは持ち上げる必要があるのでたくさん移動する旅には不向きです。

なので、滞在型の旅行の時はスーツケースをおすすめします

滞在するホテルに十分な収納スペースがない場合はスーツケースを収納代わりにもなります。

ちなみに、私は今回のニュージーランド渡航はスーツケースで行きます!

おそらく最低3か月は同じ場所に滞在し仕事するだろうと思い、スーツケースに決めました。

一応サブバックとして30リットルのバックパックを持っていくので、どこかを拠点にしニュージーランド国内旅行をするときはそのバックパックを使おうと思います!

↓ブログランキングに参加しています!↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(ニュージーランド)へ
にほんブログ村

ABOUT ME
とみー
突然思い立って30歳8カ月の時にNZワーホリビザ取得。 それまでは、海外で3年ほど勤務経験あり。英語力アップを目指し初の英語圏での生活に心躍らせる日々です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です